BIOGRAPHY

Yusuke Yamamoto (channel U, Golden Monkeys)

Born in Hyogo, Japan, Yusuke Yamamoto began studying the organ at age 5, percussion at age 11 and soon joined a youth symphony orchestra. He majored in classical percussion at Kunitachi College of Music in Tokyo. When his interests later turned to improvisation and jazz, he was awarded a full scholarship in 1990 for studies at Berklee College of Music in Boston. While in Boston, Yusuke studied the vibraphone with Gary Burton and Ed Saindon. He moved to New York City in 1995, where he formed the group Golden Monkeys and released its first self-titled album in 1998.

As a multi-instrumental player, Yusuke has performed and recorded with a wide variety of musicians in the U.S., Japan, Europe, Canada and Mexico. His performances and recordings include the Broadway musical FELA! (2010), "Strange Love" with Karen O of Yeah Yeah Yeahs, which became the closing theme of the Disney movie Frankenweenie (Tim Burton, 2012), and Blue Man Group's special events and appearance on TV.

Under his solo project name channel U, Yusuke has composed and produced three albums, as well as soundtrack pieces for SONY PlayStation’s Gran Turismo 6 (2013) and Gran Turismo Sport (2017). He released a gamelan ambient album Shadow Motion on cassette in 2017 and began developing his ambient set, featuring vibraphone and gamelan with synthesizers and electronics. In the fall of 2018, Yusuke was invited to perform a solo set for the concert series Ambient Church in Brooklyn.

Based in New York, Yusuke continues to develop his solo project, while collaborating and performing regularly with several groups including Dizzy Ventilators, The Heathens, Danton Boller Quintet and Frank LoCrasto.


山本祐介 (channel U, Golden Monkeys)

兵庫県、加古川市出身。幼少の頃からオルガンに親しみ作曲を始める。国立音楽大学で打楽器を専攻。在学中からオーケストラ、吹奏楽、打楽器アンサンブルなどに多数参加。打楽器を、岡田知之、上野信一、奥原光の各氏に師事。卒業後、1990年に渡米しボストンのバークリー音楽大学へ全額奨学金を得て入学。ヴィブラフォンをゲイリーバートン(Gary Burton)、エドセイドン(Ed Saindon)の両氏に師事。その頃から現地のクラブ等で活動し始める。同校を卒業後、ニューヨークに拠点を移し、多数のクラブにて演奏活動を重ねる。1998年に初のリーダーアルバム「Golden Monkeys」を発表。同時期からアメリカ、日本はもとよりヨーロッパ、カナダ、メキシコにおいてGolden Monkeys, channel U, Dizzy Ventilatorsなど、様々なグループとツアーを行う。また、多種多様な音楽ジャンルにおいてレコーディング、作曲、アレンジや、TVのCM音楽も手がけている。2005年に山本のソロユニットchannel Uからファーストアルバムを発表。2枚目はすべての楽器演奏、プログラミング、録音をミックスなどを1人で手がけ究極のDIYスタイルで「So Possible」を発表、そして2012年には参加メンバーであるChimp BeamsとShing02とのコラボレーションによるアルバム「ASDR」をリリース。Tim Burton監督のディズニー映画「Frankenweenie」のエンドテーマ曲となったYear Year Yearsのリードシンガー、Karen Oの「Strange Love」の制作に多数の楽器で参加。また、SONY プレイステーションの看板ゲーム、"グランツーリスモ6と”グランツーリスモ スポーツ”の収録曲を提供する。そしてNYのブルーマングループのスペシャルイベントやTV番組の収録に参加。2017年「channel U -Gamelan Project-」名義でガムラン・エレクトロ・アンビエントのアルバム「Shadow Motion」を発表、好評を得る。それをきっかけにヴィブラフォンやガムランの楽器とシンセサイザーなどを駆使した独自のスタイルで繰り出すアンビエント音楽で、全米で展開するイベント「Ambient Church」にてソロパフォーマンスをするなど、新しい展開も見せている。

現在ヴィブラフォン、パーカッション、ドラム、キーボード等を操るマルチプレイヤー として、またプロデューサーとしてDizzy Ventilators, The Heathens, Danton Boller Quintet, Frank LoCrastoらとのコラボレーションと共に、自己のプロジェクトを中心にして、ニューヨークを拠点に世界中で多彩な活動を続けている。