BIOGRAPHY

Yusuke Yamamoto

Born in Hyogo, Japan, Yusuke Yamamoto began studying the organ at age 5, percussion at age 11 and joined a local symphony orchestra soon after. He majored in percussion at Kunitachi College of Music in Tokyo, and began his career as a classical percussionist while attending college. When his interests later turned to improvisation and jazz, he was awarded a full scholarship for further studies at Berklee College of Music in Boston. While in Boston, Yusuke studied the vibraphone with Gary Burton, Ed Saindon and performed in numerous concerts, in addition to composing, recording and publishing various works. In 1995, he moved to New York City, where he formed the "Golden Monkeys" and released its first self-titled album in 1998. Yusuke has played with a wide variety of musicians and at countless venues throughout the city. He has toured to Japan, Europe and around the U.S. with groups, including the Golden Monkeys, channel U, Dizzy Ventilators, Chimp Beams, Dub Nomads, Chin Chin, Chiara Civello, Sound of Village, Echo (Joy Askew) and The Beat Kids. Produced and released channel U's albums, Ape-Man Talking(1st) and So Possible (2nd). Performed on Broadway musical, "FELA!" in 2010. Recorded various instruments with Karen O (Yeah Yeah Yeahs) on her produced track "Strange Love" which became the closing theme of Disney movie, "Frankenweenie" directed by Tim Burton in 2012. From 2014 to 2015, Performed with "Blue Man Group" at the special event and also on the TV show. Produced a sound track for "Gran Turismo 6"(2013) and "Gran Turismo Sport"(2017). Released Gamelan Ambient album「Shadow Motion」as "channel U".

Living in NY, Yusuke is a multi-instrumental musician who performs on vibraphone, drums, percussion, flute, keyboards and bass. His unique sound is a blend of Asian, Brazilian and African music, as well as jazz, electronica, dub, rock and contemporary classical. He is currently active with his solo project, channel U, and collaborates with several groups, including Monica Lionheart, Vandana Jain, Elysian Field, Dizzy Ventilators and The Heathens.

山本祐介

兵庫県、加古川市出身。幼少の頃からオルガンに親しみ作曲を始める。国立音楽大学で打楽器を専攻。在学中からオーケストラ、吹奏楽、打楽器アンサンブルなどに多数参加。打楽器を、岡田知之、上野信一、奥原光の各氏に師事。卒業後、渡米しボストンのバークリー音楽大学へ全額 奨学金を得て入学。ヴィブラフォンをゲイリーバートン(Gary Burton)、エドセイドン(Ed Saindon)の両氏に師事。その頃から現地のクラブ等で活動し始める。1993年同校を卒業。1995年、ニューヨークに拠点を移し、ブルーノート、 バードランド、スモールズ、ニッティングファクトリー等をはじめ多数のクラブにて演奏活動を重ねる。1998年に初のリーダーアルバム「Golden Monkeys」を発表。同時期からアメリカ、日本、ヨーロッパにおいて「Golden Monkeys」, 「Sound of Village(Mika Pohjola)」、「Echo(Joy Askew)」, 「The Beat Kids」らとツアーを行う。また、様々なレコーディング、作曲、アレンジや、TVのCM音楽も手がけている。2005年、ソロユニット  「channel U」からファーストアルバム「APE-MAN TALKING」を発表。また2006年以降、ディスコファンクバンド「Chin Chin」のアメリカ、ヨーロッパツアーに参加、ユニバーサルレコードのジャズシンガーソングライター「Chiara Civello」のアルバムレコーディングとアメリカ、ヨーロッパ、日本ツアーに参加する。また、日本で最大級のフリーフェスティバル「UEDA JOINT」に「channel U」, 「Chimp Beams」, 「Dub Nomads」, 「Dizzy Ventilators」等でほぼ毎年出演、と同時に日本ツアーを行う。近年ではニューヨークのブロードウェイミュージカル「FELA!」にパーカッショ ニストとして出演参加。2011年、「channel U」名義ですべての楽器演奏、プログラミング、録音を1人で手がけた2枚目のアルバム「So Possible」を発表、そして2012年にはShing02とChimp Beamsのコラボレーションによるアルバム「ASDR」をリリース、また、Tim Burton監督のディズニー映画「Frankenweenie」のエンドテーマ曲となったYear Year Yearsのリードシンガー、Karen Oのプローデュース曲「Strange Love」に多数の楽器で録音に参加する。2013年、SONY プレイステーション3の看板ゲーム、"グランツーリスモ6"の収録曲「Lunar Mare」を、2017年”グランツーリスモ スポーツ”の収録曲「Blue Phoenix」手がける。また、2014~15年にかけてNYのブルーマングループのスペシャルイベントやTVショウにて共演する。現在、NYはチェルシー のMcKittrick HotelにてThe Heathens のキーボード、パーカッション等で毎週土曜日出演中。2017年、channel U -Gamelan Project-名義でガムラン・エレクトロ・アンビエントのアルバムを発表。現在ビブラフォン、パーカッション、ドラム、キーボード等を操るマルチプレイヤー として、またプロデューサーとしてニューヨークを拠点に世界中で多彩な活動を続けている。